原材料や蜜源は選ぶときのポイント

蜂蜜

栄養価が高く健康的な蜂蜜は種類が豊富なだけに、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。原材料だけでなく蜜源となる花も違いますが、健康や安全という視点で選ぶときはまず原材料表示を確認します。蜂蜜には原材料で純粋・生・加糖にわけられ、純粋タイプは添加物や加工など一切手を加えられていないものです。ミツバチがつくったそのものですが、選ぶときはどこの農園でつくられた分かる物を選びます。生蜂蜜は非加熱処理で不純物を取り除く濾過作業だけを行なうタイプです。濁りがあるのが特徴で手間がかかるので価格も高めです。いろいろな場所から寄せ集めた物もありますが、地域を限定している物の方が安心です。加糖タイプは純粋蜂蜜に甘味料を添加したものです。求めやすくお菓子作りや料理の調味料に使用できます。レンゲやアカシアなど蜜源で選ぶこともできます。花が違うと味や香りも違います。一般的なのがレンゲでまろやかでくせがないため食べやすいです。香りも優しく初めて食べる人にも受け入れられやすいです。アカシアも幅広い年代に評判です。繊細で上品な風味は蜂蜜の女王と呼ばれるのにふさわしいです。個性的なタイプを味わってみたい人にはさっぱりとした柑橘の風味が特徴のミカンの花もよいです。紅茶に入れるとフルーティーな香りが広がります。いろいろな通販で販売されていますが、選び方のポイントを知っておけば自分の好みの物を選びやすいです。

通販で好みの物を豊富な種類から選ぶ

蜂蜜

蜂蜜には蜜源や原材料だけを見てもいろいろなタイプがあることがわかりました。この他にも産地や見た目、用途によっても種類があります。産地は大きく国産と外国産に分けられ、外国産には国産にない強い香りと個性の蜂蜜もあります。たとえばカナダ産のクローバーを蜜源とするタイプは豊潤な香りが特徴で世界的にも知られており、ニュージーランド産のマヌカ花から採取されたマヌカハニーは一般的な蜂蜜より水分量が少ない分、クリーミーで濃厚な味わいが評判です。ただしこれらを販売している店舗を探すのは大変で、できれば豊富な種類や取扱品目の中から自分の好みに合ったものを好きな量だけ購入したいものです。その点、通販を利用すれば自分のタイミングで手間をかけずに好きな香りや風味の物を購入することができます。蜂蜜は種類が多く選ぶポイントも様々です。国内で販売されている物の中には外国産も多いので、豊富な種類の中から選ぶのであれば産地を問わず取扱品目の多いサイトを、国産でこだわりの物を購入したいときは養蜂場や養蜂家がはっきりわかっており、さらに自家農園で自家採蜜から販売までを通してやっているところの販売サイトを利用するのが安心です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中